20150414~元ヘッジファンドの・・・~
トップページ > 20150414~元ヘッジファンドの・・・~

20150414~元ヘッジファンドの・・・~

2015年04月14日(火)12:08 PM

12時30分~14時30分で予定していたフットサル(銀座プランタンの屋上で開催されている個人参加のフットサル)に予約していたのですが、先ほど雨天中止の連絡が入ってしまいちと残念。

自宅からフル装備(上は日本代表のユニフォーム)で事務所にやってきたのに・・・(笑)。

ということで、昨日も復活させていただいたブログをそこはかとなく再開。

今日は昨日お会いさせていただいた元ファンドマネージャーの方との話を簡単に記載させていただきます。

先月8日にCFP資格のエントリー研修に参加させていただいた際にも元ファンドマネージャーの方とお話させていただく機会があって、とても重要な気づきがあってうれしい時間をすごすことが出来た記憶があるのですが、昨日の異業種交流会でお会いさせていただいた米国人の方と名刺交換させていただいた際のことです。

とても明るく陽気な彼との名刺交換時に、彼が以前日本の大手証券会社にて勤務経験があるという話になり、僕自身が運用を教えているという話からすっかり意気投合していろんなお話を聴くことができました。

要約させていただくと、彼は年率5%くらいの運用をとある方法でやっているとのこと。話を聴いたら決してノーリスクではなくむしろそんなにおいしくないにもかかわらずかなりのリスクをとっているような内容に見受けられました。

僕から彼にとある方法をお伝えさせていただきましたところ(具体的な会社名などはもちろん伏せさせていただきましたが)、彼の目が見る見る輝いてきてちと興奮気味に『それはすばらしい!』とお褒めの言葉を頂戴するにいたりました。

僕は国際色豊かな人間ではないので、外国人と接する機会というのがあまりないのですが、彼と話をしていて感じたことは、外国の方って自分の感情を素直に表現されるんだなあということでした。

2004年の末にサラリーマンをやっていたころ、佐賀県に行って当時の社長であるチャールズレイク氏と面談させていただいたときに感じた雰囲気を思い出しました。

なんか・・・、外国の方って・・・、心地いいなあって再確認できました。

最近の僕のセミナー内容について、自分で言うのも恐縮ですが、どんどんどんどん精査されていっている気がします。

有益だと思われることに極力注力させていただいてご教授させていただくように心がけているのですが、当面は現状どおり『マンツーマン』のセミナーをしっかりやっていこうと感じております。

それが僕が考える『社会的問題の解決』につながると今のところは感じているからです。

『社会的問題を解決することで金銭的メリットはあとからやってくる』ということを証明してみたいなあと感じています。

しっかりやろっと!

ではまた!(了)



«   |   »